ニキビに影響を与える成分や飲食物

ニキビに影響を与える成分や飲食物とは

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

ニキビを解消するためには、洗顔などのお肌の手入れも重要です。しかし、どれだけお肌のお手入れをしても、普段口にしている食べ物のせいでニキビ肌が改善しない可能性もあります。そこで、ニキビに影響を与える成分や飲食物についてまとめてみました。

ニキビに悪い影響を与える成分とは

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

ニキビが治らない原因として、下記のニキビに悪い影響を与える成分を多量に摂取している可能性が挙げられます。

 

砂糖

砂糖は、分解される時にビタミンB群を消費してしまいます。ビタミンB群は、肌のターンオーバーを正常にし、健やかな肌を作るために欠かせない成分なので、不足するとニキビができやすくなります。

 

糖質

糖質を過剰に摂取すると、体内で脂肪として蓄積されてしまいます。脂肪の蓄積は、皮脂の過剰分泌に繋がり、毛穴を塞いでニキビを増やしてしまいます。

 

脂質

脂っぽいものを食べると、皮脂の過剰分泌の原因になります。牛肉やフライ物、ファーストフードには脂質が多く含まれており、他にはバターを沢山使ったクロワッサンや焼き菓子等にも多く含まれています。

 

アルコール

アルコールは、適量であれば血行促進効果も期待できますが、飲み過ぎるとニキビを悪化させてしまいます。お酒には、糖質が多く含まれており、カクテルや梅酒等の甘いお酒やビールにも注意が必要です。

 

最近は、糖質0のお酒も増えていますが、アルコールの血行促進効果によりニキビ肌へ悪影響を及ぼします。

 

アルコールには、毛細血管を拡張する作用があり、肝臓に負担がかかります。また、血流が良くなると、皮脂腺に刺激が与えられて、炎症が酷くなる場合もあります。なので、お酒は1日1杯程度で、ほどほどの量にしておきます。

 

これらの成分が多く含まれた食品を意識して減らすことで、ニキビ予防に繋がります。

ニキビに良い影響を与えるにはビタミンを摂取する

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

ニキビに良い影響を与えるには、ビタミンを多く含んだ食材を摂取するのが良いでしょう。

 

ビタミンA

ビタミンAは、肌に関係ないと思われますが、皮膚や粘膜の働きや免疫を良くする効果があります。ニキビの原因菌である、アクネ菌と戦う肌にとって必要な栄養です。

 

そんなビタミンAは、下記の食品に多く含まれています。

 

  • レバー
  • ウナギ
  • バター
  • マーガリン
  • チーズ
  • 緑黄色野菜

 

ビタミンB群

ビタミンB群とは、以下の8種類をまとめた総称です。ビタミンB群が不足すると、大人ニキビができやすく治りにくくなる原因と言われています。

 

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン

 

そして、ビタミンB群の中でも、ビタミンB2は皮脂の分泌に、ビタミンB6は肌が生まれ変わるターンオーバーの促進にそれぞれ良い効果が期待でき、ニキビに良い影響を与えてくれます。

 

そんなビタミンB2とビタミンB6は、下記の食材に多く含まれています。

 

ビタミンB2
  • レバー
  • ウナギ
  • 納豆
  • 乳製品
  • 葉菜類

 

ビタミンB6
  • 鰹(かつお)
  • 鮪(まぐろ)
  • 秋刀魚(さんま)
  • レバー
  • バナナ

 

ビタミンC

ビタミンCは、美容には必ず必要ともいえる成分で、ニキビの原因である活性酸素を除去してくれる効果が期待できます。また、ニキビの炎症を抑えて肌の生まれ変わりをサポートしてくれるので、ニキビ跡を正常にすることにも効果的な万能な成分です。

 

そんなビタミンCは、下記の食材に多く含まれています。

 

  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • アセロラジュース
  • ゆずの皮
  • みかん
  • レモン

 

ビタミンE

ビタミンEは、ビタミンCと同じように抗酸化作用が期待できる成分で、ニキビの原因である活性酸素を除去する効果が期待できます。また、血行を促進する事で、肌への栄養を行き届きやすくします。

 

そんなビタミンEは、下記の食品に多く含まれています。

 

  • あんきも
  • いくら・キャビア等の魚卵
  • ナッツ類
  • 植物油
  • かぼちゃ
  • アボカド

みかんがニキビに効果的な理由

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

みかんには、先程紹介したビタミンAやビタミンCの他にも、にきびに効く下記の栄養素が豊富に含まれているのでおすすめの食べ物です。

 

ビタミンP

ビタミンPとは、水溶性のビタミン様物質の一つで、フラボノイド化合物とも呼ばれます。ビタミンPは、空気や熱に弱いビタミンCを安定させて、効果が長時間続くように働きかけてくれます。

 

また、毛細血管の血管壁を丈夫にしたり、血液への栄養や酸素の出入りを調整する役割もしているので、ニキビに対してとても効果的な栄養素と言えます。そんなビタミンPは、みかんの房の白いスジに多く含まれているので、白いスジは取らずにそのまま食べるようにします。

 

セラミド

セラミドとは、肌の角質層の細胞間で、スポンジのように水分や油分を抱え込む潤い成分です。お肌の乾燥もニキビの原因になるので、セラミドはニキビ防止にとても効果的と言えます。

 

β-クリプトキサンチン

β-クリプトキサンチンとは、みかんのオレンジ色を形成する成分で、人間の身体の中に存在しているカロテノイドの1つです。

 

β-クリプトキサンチンは、ヒアルロン酸と呼ばれる肌の保水成分を増量させる保水器官「アクアポリン」の生成を助けてくれるので、肌の保水面で大きなサポートをしてくれます。

ニキビに良い影響を与える飲み物

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

ニキビに良い影響を与える飲み物について紹介してみます。

 

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

1つ目は水で、1日1.5リットル飲むと良いとされています。代謝が悪くて老廃物が体に溜まると、毛穴が詰まりニキビの原因になってしまいます。そこで、水を飲むことにより体内が潤され、栄養素がスムーズに流れて消化吸収が良くなります。

 

それにより、肌の代謝が良くなり、老廃物を排出する事が出来るようになります。また、体が潤うと食べ物もスムーズに腸に流れるので便秘対策にもなり、それもニキビ予防に繋がります。

 

豆乳

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

2つ目は豆乳で、1日コップ1〜2杯を目安に飲むと良いとされています。ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌しやすくなり、ニキビや肌荒れの原因になります。

 

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ働きが期待できる女性ホルモン様作用により、ホルモンバランスを整え肌のハリや潤いを向上してくれます。

 

酵素ドリンク

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

3つ目は酵素ドリンクで、1日1〜2杯が摂取目安量とされています。酵素は、消化や代謝をするのに欠かせない体内物質で、ニキビが治らない場合は酵素不足が原因の可能性もあります。

 

酵素不足の場合は、酵素ドリンクを飲んで酵素を摂り入れると効果的で、ニキビやシミなどの肌トラブルの改善に効果が期待できます。酵素ドリンクは、自宅で好きな野菜や果物から作る事が出来ます。しかし、作るのは手間が掛かるので、市販されているものを活用すると大変便利です。

 

ハトムギ茶

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

4つ目はハトムギ茶で、1日の摂取量の目安は、茶葉30gで煎じたお茶をこまめに飲む、または出来合いの物であればコップ2〜3杯とされています。

 

ハトムギ茶には、豊富なたんぱく質とバランスの良いアミノ酸が含まれています。それにより、新陳代謝を増進させる作用が期待でき、お肌のターンオーバーの活性化に効果的です。また、ノンカフェインなのでカフェインが苦手な方でも安心して飲むことができます。

コンビニで買えるニキビ解消に効果的な食品

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

コンビニで手軽に購入できる、ニキビ解消に効果的な食べ物を紹介してみます。

 

牛すじおでん

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

牛すじおでんには、肌の材料になるコラーゲンやたんぱく質が豊富に含まれているので、ニキビなどの肌トラブルを起こしている際は積極的に食べると良いでしょう。

 

納豆

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

納豆には、血液をサラサラにするリノール酸と呼ばれる必須脂肪酸が含まれております。それにより、納豆を食べて血行が良くなると、肌に必要な栄養素が行き渡りやすくなります。

 

ヨーグルト

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

ヨーグルトには、腸内環境を改善してくれるビフィズス菌が含まれています。それにより、ヨーグルトを食べて腸内環境が改善されると、肌の代謝が良くなりターンオーバーの乱れが改善されます。

 

また、コンビニに販売されているヨーグルトには、バナナやリンゴなどの果物を含んだ物も販売されているので、より効果が高められます。

 

こんにゃくゼリー

 

ニキビ,影響,成分,飲食物,ニキビ肌

 

こんにゃくゼリーには、食物繊維が豊富に含まれています。こんにゃくゼリーに含まれる食物繊維は腸の奥まで届くので、ニキビの原因になる老廃物や毒素を排出するのにとても効果的とされています。また、1個当たり25キロカロリーとカロリーがとても低いので、ダイエット中の人にもおすすめです。

薬用デニーロ(DENIRO)ニキビケアのお申込みはこちらトップページへ汚い肌がコンプレックスの方、綺麗な美肌を手に入れたい方は、トップページで薬用デニーロ(DENIRO)の詳細をチェックしてみてください。